メディア掲載

取材協力記事掲載のお知らせ◆「毎日新聞・朝刊」に代表・水野崇のコメント掲載

毎日新聞に取材協力し、4月14日付の朝刊記事にコメントが掲載されました。

4月から年金制度が変わり、受給開始年齢の選択幅が60〜75歳に広がっています。
・60〜64歳の方が厚生年金を受け取りながら働く場合の「在職老齢年金」の見直し
・65〜69歳の方が厚生年金を受け取りながら働く場合の「在職定時改定」の導入
以上により、年金受給額が増えるケースなどが記事にて解説されています。

また、雇用主側が70歳まで働く機会の確保を努力義務とする、2021年4月施行「改正高年齢者雇用安定法」についても、このたびの新制度との関連性を取材時にお伝えし、記事内で取り上げていただきました。

<掲載媒体> 毎日新聞/朝刊/くらしナビ/15面
<掲載日> 2022年4月14日
<コメント者> ファイナンシャルプランナー(CFP認定者)水野崇
<タイトル> くらしナビ・社会保障『在職老齢年金支給の減額緩やかに|就労促す新制度スタート』

毎日新聞ニュースサイトからもご覧いただけます。
https://mainichi.jp/articles/20220414/k00/00m/100/025000c

水野 崇

水野 崇

東京マネーライフ教室・水野総合FP事務所 代表

関連記事